注文住宅はやり方次第で低価格に

注文住宅は施主のやりようで、いくらでも節約ができますので、節約できるところはしっかりと節約していった方がいいのです。もしも、工務店側が節約をさせてくれないようならば、その会社は良心的ではないと言っていいかもしれませんから。

たとえば、人目につかないクローゼットの中の壁材はワンランクないしツーランク落としたものでもいいでしょう。もちろん、壁紙だって貼る必要はないですよ。また、クローゼットの内側と同様に、パントリーや納戸の内側にしましても、最低限の壁材でいいでしょう。

他にも、照明器具およびそこに取り付けるランプ、それにカーテンやブラインドなどの遮光器具を施主支給にして節約するのもいいでしょう。注文住宅を建ててもらう工務店側に頼みますと、当然ですが仲介手数料が発生しますからね。

ですから自分で発注して取り付けることで節約することができるのです。工務店側にお願いしても、遮光器具を取り付けるのは家具屋さんだったりしますので、自分で発注をしてもなんら問題はないわけです。ですから節約のためにも、多少手間はかかっても自分たちで発注するのもいいでしょう。

注文住宅はやりようによっては建売住宅より費用を抑えることができますからね。注文住宅は決して高価なものではなく、要はやりようですからね。